ごぐたんの日記

ごぐたんの日記です。

世の中に存在するいろいろなクーポンの一例

①一定の率の割引

例:全品10%オフ

→いつもより10%安い、たくさん食べよう!

(単純明快)

 

②一定の率の割引(最低会計金額に制限有り)

例:合計5,000円以上注文すると10%オフ

→5,000円に無理なく到達しそうなら5,000円分は食べて、その後もお得だからたくさん食べよう!

(無理なく到達しそうかどうかの判断をもう少し厳密に言うと、例えば会計確認時点の金額が4,000円だった場合、その後の1,000円分は実質50%引きとなるため、その割引率で注文を追加したいかどうかを検討する)

 

③一定金額ごとに一定金額の割引

例:会計5,000円ごとに500円の割引

→基本的には食べた金額に応じて割引される。端数が切り捨てされる可能性があるけど、お得だからたくさん食べよう!

(厳密には5,000円ごとに②と同様の検討が発生)

 

④一定金額ごとに一定金額の割引(不完全版)

例:5,000円以上で500円、10,000円以上で1,000円、30,000円以上で3,000円の割引

→何故!?10,000円を超えたら、一体何を目標に飲食すれば良い!?!?


くら寿司では5皿ごとにビッくらポン!」という、おもちゃが当たる大人気コンテンツを遊ぶことができますが、これが10皿で2回にも関わらず、間をすっ飛ばして29皿までは2回、30皿でいきなり6回になってしまうようなものです。④のクーポンの異質さをおわかりいただけると思います。


しかし、店側も客側も大部分の人は④について特に気にしていないと思われますので、今後もリアルの社会生活においては④の異質さについて言及することなく、慎ましく生きていきたいと思います。

めちゃくちゃ元気な人と話すと疲れてしまう件

会話とは双方向的なものなので、いろいろな面でお互いの歩み寄りが必要です。これは会話の内容や仕草のみならず、会話の「熱量」についても同じことが言えるのではないでしょうか。

 

同じ程度の熱量の人同士が話す場合は特に意識する必要はありませんが、例えば熱量20と80の人が話す場合、お互いに上手いことチューニングして、熱量50くらいで会話をするのが一番スムーズだと考えています。例を挙げると、

■熱量チューニング無しの場合
熱量20の人「熱量80さん…おはよう……。」
熱量80の人「あ、熱量20さん!おはよう〜〜!!!」

■熱量チューニング有りの場合
熱量20→50の人「熱量80さん、おはよう!」
熱量80→50の人「あ、熱量20さん、おはよう!」

ご想像いただけたでしょうか。後者の方が、より自然なコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。

 

しかしながら、世の中には常に100近い熱量を出力している人がいます。この場合、私の出力可能な熱量の範囲を10〜70程度とすると、常にフルスロットルで会話をすることになり、これだけでも疲労困憊なわけですが、それでもまだ相手の出す熱量には及ばず、ぺちぺちとHPを削られているような状況に陥ります。

 

もちろん、熱量100の相手をガン無視して熱量30くらいを押し付け返してもいいわけですが、これをやるとコミュニケーションに難があるのは熱量30の方、どうしてお前はそんなに元気がないんだ、ということになってしまいますので、熱量が低めの人間には非常に生きにくい世の中となっております。

 

一番強いのは熱量0〜100を自由自在に出力できる人間になることですが、残念ながらこの出力性能は生まれもった特性的な面が強いと思われます。熱量の低い私たちは、せめて会話技法を習得することで、コミュニケーションをより円滑にしていきましょう。

コスパ厨がなかなか服を買えない理由①

セールのせいでコスパの良い服の買い方が難しすぎるから。

 

考えてみてください、普通、電子機器は唐突に半額になったりしないのです。機器のスペック、需要と供給のバランスなどによって緩やかに価格変化するわけですから、いつでも自分にとって最適な選択を吟味し、購入することができるわけです。

 

それに対して、服はいきなり半額になったりする。これは怖すぎます。数万円するような服を買って、直後に半額セールにでもなってしまった日には、ショックで社会復帰に3日間は要するでしょう。

 

しかしよく考えてみると、服は「消費するもの」としてとらえるべきなのかもしれません。服には旬な時期があり、そのタイミングで活用されるべきもの。もちろん安く買えるに越したことはないですが、セール以外で服を買わないとしたら、それはお腹が空いているのに閉店ギリギリまで惣菜の割引を待つ行為に似ているかもしれません。そうすると惣菜のみならず、服も欲しいと思ったタイミングで買う理由付けができる気がします。

 

セールを待つ必要が無いとなれば、後は純粋に「この価格で、この服を欲しいかどうか」を検討すれば良いことになりますが「そもそも服は高すぎ、そんなことより新しいiPadが欲しい」ということになりますので、依然として服を買うことは非常に難しくなっております。しかし服を買うこと自体は好きで、優先度が電子機器よりは低いだけですので、これは山ほどお金を稼ぐことで解決できると思われます。

朝活のメリット、キマらない原因、解決策

■朝活のメリット
ツイッターのTLが遅く、作業に集中しやすい。
・起きる理由が「仕事」ではなく「やりたいこと」のためになる。

 

■朝活がなかなかキマらない原因
①暑い(or 寒い)
人間には活動をするために最適な温度が存在する。
②暗い
「電気を点ける」という些細なハードルが、朝活を阻害している。
③睡眠時間が短い
眠いのはもちろんのこと、十分な睡眠時間を確保できていないと「このまま起きるより、もう少し寝て日中の活動クオリティを高めた方が良いな…」という甘えが生ずる。

 

■上記の解決策
エアコンをかけっぱなし、もしくは起床前にタイマーをセットする。
②アラームと同時刻に照明のタイマーをセットし、むしろ二度寝に対して「電気を消す」というハードルを設ける。
③最低7時間、余裕を見て7時間半程度の睡眠時間を取れる時間帯に就寝する。

 

■その他考え得る朝活促進策
頭上にグリーンダカラ、カロリーメイト、朝バナナなどをセットしておき、起床即口に放り込む。
人と朝活の約束を取り付ける。
・朝活に娯楽性のより高いものも取り入れる。(例えば、30分間ゲーム、1時間勉強など)

Doki Doki Literature Club!を興味本位でプレイしたら最高だった

イギリスの15歳少年の自殺との関連性が取り沙汰されたホラービジュアルノベル「Doki Doki Literature Club!(DDLC)」を、興味本位でプレイしたら素晴らしかったので共有します。内容は詳しく書けませんがすごいゲームだったんです、こんなやり方のビジュアルノベルがあるのか!!!と思いました(すごい)

 

動画、ゲームダウンロードなど

store.steampowered.com

 

日本語化について

Doki Doki Literature Club! 非公式日本語訳パッチ(正式版)の当て方:マヨネーーーーーズのブロマガ - ブロマガ


価格
なんと無料!!!

 

プレイ時間
多分半日くらい

 

注意
・ホラー要素を多く含みます。

このゲームには子供に相応しくない内容、または刺激の強い表現が含まれています。
また、不安やうつ病に苦しんでいる方はこのゲームをプレイするべきではないかもしれません。

以上、公式注意書きの翻訳より抜粋

GoogleツイッターでDDLCを検索すると、いとも簡単にネタバレを踏む危険があります。

 

結論
動画を見て興味を持って、ホラー耐性があって、半日時間が取れそうな人はプレイする。

iQOSが吸いやすくて困った件

ワルなので、先日飲み会の席で、生まれて初めて電子タバコを試しました。

経験したことがないのにあれこれ言うのは良くないな、という考え方によるものですよ!(ちなみにこれを言い訳にすると何でも試すことができます。

普通のタバコも何度か吸ったことがあって、その時は「うぐ…ごほっごほっ」となり、百害あって一利なしをこの身で感じることができたのですが、メンソールのiQOSはもはやフリスクを吸っている感覚に近く、「あ、これ(はまったら)やばい…」と思わず感想が漏れました。

経済的理由や健康リスクを考えると吸うことは有り得ないのですが、例えば会社の福利厚生で無料で配布されていたら(これも有り得ないけど)、吸っちゃうかもしれない…そのくらい不快感なく普通に吸えてしまって、すごい商品だなと思いました。

 

しかし一方で、この気軽さが「喫煙者と非喫煙者の、副流煙に対する認識のズレ」を拡大しているのではないかと感じました。

非喫煙者副流煙に対する不快感を、
タバコ:100 iQOS:100

とすると、喫煙者のそれは(もちろん人によるでしょうけれども)
タバコ:30 iQOS:5

くらいになっている、そんな気がします。

一番驚いたのは仕事で車に乗っていた時、先輩が窓も開けず、また何の断りもなしにiQOSを吸い始めた時です。まあ、その人は私が完全に苦手なタイプの人間なので「やはりこの人はくそだ…」と思って終わりました。

 

しかし、同じ空間にいる人がiQOSを吸うという事例はこの他にもいくつかあり、私が人間的に素敵だと思っている人(例えば私より明らかに気配り力などが高い人)であっても、iQOSを吸うことに躊躇いがないように見受けられます。この時、その人を嫌いになるとかは全くないのですが、「〇〇さんでもこの状況でiQOSを吸うのか…!」という驚きがあります。この場合、その人が気配りに欠けるということは考えにくいため、副流煙に対する過小評価が原因、というのが自然だと考えています。

 

そこで、副流煙に対する不快感をどのように表現したら伝わるか?を真剣に考えたのですが、多分「タバコ(iQOS)吸っていい?」が一番近いのは「うんち💩していい?」だと思うんですよね。いや、うんちの副流煙(?)に健康被害がないことを考えると(あるかもしれないが)、うんちの方がマシまである。これは大真面目な意見で、そのくらいの重大性を認識した上で吸ってもらえたら嬉しいですね。

 

個人的な意見では、飲み会の場で喫煙を可とするかどうかは多数決で決めることで最大多数の最大幸福が実現されると考えていて、例えば非喫煙者が私だけなら全く遠慮しないでタバコを吸ってほしいし、逆に喫煙者が1人だけなら外で吸ってほしいと思っています。しかし、健康被害などについて考えると最終的な拒否権はやはり非喫煙者側にあるべきでしょう。これは非常に重大な取り決めなので、飲み会の前に明確に決めておくべきことだと思います。麻雀を打ち始めてから、喰いタン・後付けできるかどうか決めるなんて有り得ないですよね、そういうことです。

【拡散希望】ワルキューレライブBDの精巧な海賊版が出回っています(比較写真有)

5月21日(月)、Amazonが発送するマーケットプレイスにて、新品のワルキューレライブBDが約1,600円の安値で出品されていたため布教用に購入したところ、精巧な海賊版が届きました!

5月25日(金)時点では、このような極端に安価な出品はありませんが、Amazonの出品価格から数百円程度安い」価格で、引き続き海賊版製造業者と思われるアカウントが悪質な出品を続けています。下図の、右上の大きな「カートに入れる」ボタンを押すと、海賊版がカートに入ってしまう状況です。

f:id:goaglia:20180521212236j:plain

もちろん、全てのマーケットプレイス出品者が悪いわけではありません。しかし、極端に評価が少ない出品者や、日本語が通じない出品者には注意が必要です。確実に正規品を手に入れるためには、発売元がAmazon.co.jpの「カートに入れる」ボタンを押してください。 

 

海賊版がかなり精巧に作られているため、ここでは正規品との比較写真を数点掲載します。いずれも、上が海賊版、下が正規品です。 

 

f:id:goaglia:20180526000931j:image

商品外観、かなり精巧。高い確率で海賊版が来ると想定していたものの、これは正規品が届いたかもしれないと思った。初見ではまず看破不可能。

 

f:id:goaglia:20180526000938j:image

ディスク表面海賊版はラベル面の発色がくすんでいる。

 

f:id:goaglia:20180526000956j:image

ディスク裏面海賊版は明らかに正規にプレスされたものではないことが窺える。

 

f:id:goaglia:20180526001008j:image

ブックレット、これも海賊版の発色が悪いが、決定的な違いは見られない。

 

f:id:goaglia:20180526001018j:image

フォトブック、これは縁の部分を模造しきれていないようで、海賊版の左端にぼやけている箇所がある。また、ところどころ紙に折れがある。

 

私が入手した海賊版の特徴は以上の通りです。最初はAmazonで激安BD買ったら海賊版だったわ!ワハハ」と思っていたのですが、業者による悪質な出品が続いている以上、これは今後のワルキューレの活動にも影響を及ぼしかねないと考え、再度の周知に至りました。

 

なお、誤って海賊版を購入してしまった場合も、Amazonが発送するマーケットプレイス商品はAmazonの返品ポリシーに準ずるため、商品到着後30日以内であれば返品できるようです。詳しくは下記URLをご参照ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: 返品・交換の条件